2014年に流行るオンラインカジノ予測

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

2013年もあっという間に2014年が始まりました。オンラインカジノは毎年、人気が変動します。理由は運営会社の日本市場への宣伝に対する力の入れ方になってしまうのですが、振り返ってみましょう。

  • 2005年・・・インターカジノ。当時からかなり日本担当チームが充実していたようです。通訳まで同行して日本に来ていたようでビッグポータルサイトで紹介されていました。
  • 2006年・・・インターカジノ。この年も引き続きインターカジノ一色であった気がします。当時はまだクラブダイスカジノが高額のジャックポットを出したということで勢いがあったのですが誠実な運営ではなくオンラインカジノのポータルサイトで強く紹介されなかったのだと思います
  • 2007年・・・インペリアルカジノ。このあたりからグランドバーチャル系のインペリアルカジノが人気になってきています。花さんという方が運営するビッグポータルサイト(ネットカジノとはhttp://www.casinodechokin.com/)で紹介が強くされていたこともあり、勢力を増してきました。
  • 2008年・・・ジパングカジノもしくはインペリアルカジノ。キングネプチューンカジノ、スピンパレスカジノもマイクロゲーミング系のカジノとして人気が高かったのですがこれらは運営コストとそれに見合う日本人プレイヤーの数が獲得できず、やがて衰退を余儀なくされてます。
  • 2009年・・・引き続きジパングカジノもしくはキングネプチューンカジノでしょう。bet365やラドブロークスカジノなどもニッチなオンラインカジノとして人気が高かったのですが、一度人気となればやはりメディア露出も多くなりなかなかその土台を崩すものがでてこないのが現状でしょう。
  • 2010年・・・ゴールデンリビエラカジノ。この年は日本人担当者の影響もあり、マイクロゲーミング系でユニークなイベントによりゴールデンリビエラカジノが君臨です。
  • 2011年・・・インペリアルカジノ。ゴールデンリビエラカジノも過去のスピンパレスカジノと同様の結末となり、衰退となりました。
  • 2012年・・・ウィリアムヒルカジノ。プレイテック系ということもあり誠実さの懸念はあるものの形振りかまわずな宣伝方法にて人気を獲得しております。限定プロモーションもよほどのことが無い限りしないようです
  • 2013年・・・ウィリアムヒルカジノ。2012年の延長といった感じで、豊富な資金による宣伝力であると言えます。
  • 2014年・・・モンテカルロカジノ。このカジノが最も流行るのではないかと予想しております。バックグラウンドにはインペリアルカジノのスタッフが構えており、なおかつランドカジノも存在し、ネットエントというソフトウェアを引っ提げて、期待度は大きいです。

ということで今年のオンラインカジノ(ネットカジノの予想をしてみました)果たしてTOP1になるオンラインカジノはどれなのか?興味深いですね。

2014年1月16日 | カテゴリー : カジノ | 投稿者 : admin